東櫻同窓会トップページへ

ニュース

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2004年06月10日(木)

母校校舎の大改修(平成15年度分)が完成しました。 [母校ニュース]

 平成15年の夏に始まった本校舎(正面塔屋を含む北校舎)の改修工事が年度末には終了し、児童は新装なった教室で気持ちよく学習に励んでいます。残る東校舎の改修は平成17年度以降にずれ込む見通しである。
主な改修は次のとおりです。

  1. 北校舎の東端に非常階段が設置された。6年教室の一部が廊下に取られ狭くなった。
  2. 空調設備が整えられ、夏も快適に学習できることになった。
  3. アルミサッシの窓が取り替えられた。
  4. 非構造壁を抜いてパーテーション方式にやり変え、2教室通しの広いスペースが確保できるようになった。 
  5. 2・3階のトイレが男女別の快適なものに生まれ変わった。
  6. 安全上から校舎周りにはネットフェンスが張られていたが、頑丈なものに作り替えられた。

 アルバムページの写真で皆さんのころとの変わり様をご覧ください。

Posted by news   パーマリンク

母校校舎正面塔屋に破風板(唐草文様)を復元―同窓会の寄贈 [母校ニュース]

 昭和13年に竣工した母校校舎は、洋館なのに正面塔屋上部が切妻風になっています。よく似た建造物に、鴨沂高校(元府立一女)、古屋市役所などがありますが、当時の建築の先端を行くものとして価値の高いものと考えられます。この切妻部には唐草文様の破風飾りが取り付けられていたのですが、永年の間に落下し、ずっとそのまま放置されていました。いつか復元新しなければと思いつつ、機会に恵まれませんでした。今回の母校校舎の改修工事にあたり、正面塔屋の棟部まで足場が組まれた機会をとらえ,同窓会としてこの「破風飾り」を復元しようということになり、松重さんに製作を依頼し、岡野組さんに取り付け工事をお願いしました。母校の近くをお通りの節は是非正面塔屋の切り妻部の「破風飾り」を見上げていただきたいと思います。

画像(270x360)・拡大画像(480x640)

Posted by news   パーマリンク

大石 純 前副会長、16年春の叙勲でご受章 [会員ニュース]

 東櫻同窓会の前副会長の大石 純氏(京大名誉教授―第二教室昭和11年終了)が、教育研究部門におけるご功績により、瑞宝中綬章をご受章になりました。誠におめでとうございます。

Posted by news   パーマリンク

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

リンク集


RSS1.0 

[Login]


Copyright (C) 2014 touou-dousoukai All rights reserved.